強過ぎる高揚感を治すなら

診察

下準備と受診先の種類

深い落ち込みと躁状態が繰り返されるなど、双極性障害の治療で心療内科を受診する時は、先ず保険証を用意しましょう。また、生活保護を受けている場合は、指定医療機関の心療内科を探すのも大切な準備で、そのことで診察料を無料にできます。傷病届などを地域の担当員に提出して、生活福祉課などで交付される医療券を用意しておくのがポイントです。そのほか、躁状態の治療では薬物療法も基本となるため、現在何らかの医薬品を服用している際はお薬手帳もご準備ください。もしもお薬手帳がなければ、薬の名前を書いたメモなどを持参すれば大丈夫です。服用薬の飲み合わせが確認できなければ薬が処方できず、治療の開始が遅れる場合もあるので忘れずに持って行きましょう。そして、初診の場合は心療内科に電話を入れ、初めて受診することを告げて予約を申し込みます。電話口でも現在の様子や症状などを質問される場合が多いので、双極性障害が疑われることや、躁状態の症状などを話しておきましょう。予約日時の調整では受診可能枠を教えてくれますから、自分のスケジュールと照らし合わせて日時を決定してください。ただし心療内科の初診は1時間前後要するケースもあるため、診察にどれぐらい時間が掛かるか確認して、それも加味して予約を入れるのが得策です。双極性障害の躁状態を治せるのは精神科か心療内科ですから、症状に応じて受診先を検討しましょう。精神科は苛立ちや強過ぎる高揚感など、メンタル的な症状の治療を専門とする医療機関です。それに対しまして、心療内科は頭痛や胃腸トラブルなど、メンタルを原因とした身体症状の治療が専門になります。メンタルクリニックなら両方対応している場合が多く、症状の現れ方に関わらず診てもらえるので便利です。特にメンタルクリニックは病院と違い、土日診療や夜間診察に対応していることも多々あり、働きながら躁状態を治療しやすくなっています。さらに、医療機関には見えないスタイリッシュな外観のクリニックも数々見られ、精神科でも抵抗感なく通えるのが特徴です。ただしクリニックは診療所というカテゴリーのため、病院のように入院設備は持っておらず、併設されていても20床未満です。病床数が20床を超えていれば病院になるため、入院も視野に入れている時は、精神病院を検討しておくと良いでしょう。ですが一定以上の病床を持つ大きな病院では、初診の時に数千円から1万円程度の選定療養費という特別料金が発生するので注意が必要です。ほかの医療施設の紹介状を持っていれば請求されずに済むので、急患でなければ一旦クリニックを経由して受診すると良いかもしれません。

医者

薬で症状を抑えて生活する

躁状態になりやすい人は、気が大きくなって衝動買いしないように必要以上にお金を持ち歩かないことが大切です。薬で症状を抑えることも可能なため、定期的に心療内科等を受診し、適切な量の薬を処方してもらうことが大切です。

詳しく見る

女性

対処の難しさはリスク

双極性障害は、躁状態があるために対処の難しい病気です。医療機関は生活を保護する役割もあるため、関係悪化などを防ぐためにもすぐに相談しましょう。治療は主に投薬で行い、数ヶ月ほどで躁状態の緩和が表れます。生活習慣の指導が入ることもあります。

詳しく見る

看護師

度を越して元気なのは危険

躁状態に入っている本人は自覚することが難しく、むしろ自分が絶好調であるような気分になります。周囲から見て度を越して元気な状態だと、躁の疑いがあります。気性が荒かったり、睡眠が短いのに活発だったりしている人は要注意です。

詳しく見る

男性

躁病かもしれないなら

躁状態への対処は自身や家族では難しいため、ドクターに指導された通りに動く必要があります。心療内科や精神科の診察料や薬代は、一割にする方法があるので、費用のことは心配せずにクリニックに訪れて治療を開始しましょう。

詳しく見る

人気記事

医者

薬で症状を抑えて生活する

躁状態になりやすい人は、気が大きくなって衝動買いしないように必要以上にお金を持ち歩かないことが大切です。薬で症状を抑えることも可能なため、定期的に心療内科等を受診し、適切な量の薬を処方してもらうことが大切です。

詳しく見る

女性

対処の難しさはリスク

双極性障害は、躁状態があるために対処の難しい病気です。医療機関は生活を保護する役割もあるため、関係悪化などを防ぐためにもすぐに相談しましょう。治療は主に投薬で行い、数ヶ月ほどで躁状態の緩和が表れます。生活習慣の指導が入ることもあります。

詳しく見る

看護師

度を越して元気なのは危険

躁状態に入っている本人は自覚することが難しく、むしろ自分が絶好調であるような気分になります。周囲から見て度を越して元気な状態だと、躁の疑いがあります。気性が荒かったり、睡眠が短いのに活発だったりしている人は要注意です。

詳しく見る

男性

躁病かもしれないなら

躁状態への対処は自身や家族では難しいため、ドクターに指導された通りに動く必要があります。心療内科や精神科の診察料や薬代は、一割にする方法があるので、費用のことは心配せずにクリニックに訪れて治療を開始しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 うつ状態と躁状態を繰り返す病気とは【精神科でも抵抗感なく通える】 All Rights Reserved.